評価×報酬

“儲けて、分け合う”

Diezonの評価/報酬制度の原則は、
「世の中に価値を提供し、その対価として得た報酬をみんなで分け合う」です。
会社の業績も、関わった案件の成果も、個人の成長も
職責と給与/報酬の両面で還元します。
インセンティブも営業だけではなく、社員全員が対象です。

3つの評価・2つの報酬

個人の頑張りも、チームの頑張りも、社員全員の頑張りも、まずは報酬という形で還元します。

評価サイクル

評価制度

全員が分かる・納得できる
透明で明確な評価制度

Diezonの評価制度の特徴

評価者に依存した曖昧な評価をなくすために、透明性を確保し、誰もが分かる内容の評価制度を目指しています。

明確な目標設定
明確な目標を設定することで、期待値の認識相違を防ぎます。
数値化される評価基準
各評価項目に具体的な基準が定められており、評価者に依存の少ない評価制度になっています。
評価の明示
面談にて上長から評価の内容を、本人に通知し、評価の透明性を確保します。

個人業績の評価ポイント

一人一人の持つ強みを加点評価するために、様々な評価ポイントを設け、個人業績として数値化します。

成果・実績

ビジネスに対する短・中・長期的な
視点での貢献

生産性

個人と組織の生産性を
改善していく力

顧客満足度

ビジネス性を意識しながら、
お客様の満足度を高める力

実行力

実現に向けて動き出す
ことができる力

コミュニケーション力

周囲と情報を共有しながら、
円滑に業務を遂行する力

向上心

何事にも興味を持ち
成長し続ける力

柔軟性

他人の意見を尊重し、
柔軟に受け入れる力

タフネス

何事もポジティブに捉え
課題を打破しようとする力

キャリアサポート体制

個人の成長の機会を最大化する
キャリアサポート体制

Diezonは今は小さな会社であり、明確な分業体制を築けている組織でもありません。
でも、そんなDiezonだからこそ提供できる機会もあります。
望むキャリアパスに向けての成長を実感することが、
個人にとっても、企業にとっても大きな成長に繋がると考えています。

サポート体制

スペシャリストの道も、ジェネラリストの道も、 実践的な環境でその道を極める機会を提供します。

キャリア面談

5年後、10年後のキャリアには、日々の業務の積み重ねで形成されます。

半期に一度のキャリア面談を通じて、一人ひとりの希望を基に、一緒に次のステップへのアプローチ方法を考えます。

職種横断型の社内勉強会

IT業界は分業体制が進んでいますが、 組織として生産性を高めていくためには、 職種を超えた知識の共有が重要になります。

定期的にお互いの領域を学ぶことで、 組織力を高めることができます。

資格取得支援

Diezonでスキルを身に着けるためには、 体系的な知識を習得することと、実践的な経験を積むことが重要と考えます。

だから、業務に関わる資格の取得にかかる、教材費と受験料は会社で応援します。

海外研修

世界に価値を提供するためには、 海外にも目を向ける必要があります。

海外研修を企画し、承認を得ることで、 海外派遣を実施しています。 なお、休暇中の海外旅行に関しても、 レポート提出を条件に、旅費の一部を負担します。